嶋田 珠巳 教授

(1)氏名:

嶋田 珠巳 博士(文学)

(2)研究領域:

言語学(社会言語学、文法、英語研究)

 

主要研究課題;

英語の多様性と言語のダイナミズム。

アイルランド英語の文法体系および言語意識に関してフィールド調査を行いながら、(i)言語接触による文法変化、(ii)言語変化における話者意識の影響、(iii)言語とアイデンティティ、エスニシティといった諸問題について考えています。

 

(3)主要業績:

  • 2013年“Diffusion vs. independent emergence of the do be habitual: Exploring linguistic connections between Ireland and the eastern Caribbean”. Faraclas, Nicholas他編 Transcultural Roots Uprising: The Rhizomatic Languages, Literatures and Cultures of the Caribbean. University of Curaçao and Fundashon pa Planifikashon di Idioma, Willemstad, pp.221-240

  • 2013年“Non-use, no identity? : The assessment of the ‘non-use’ judgement in ‘Irish markers’ in Hiberno-English”,『ケルティック・フォーラム』第16号, pp.12-23

  • 2013年“The do be form in southwest Hiberno-English and its linguistic enquiries”, Festschrift for Professor Hiroshi Kumamoto(『東京大学言語学論集』第33号), pp.255-271

  • 2012年「方言のコミュニケーションとアイデンティティ―アイルランド英語とともに考える」, 山形大学人文学部編『遠い方言、近い方言 山形から世界まで』, 山形大学出版会, pp.46-56

  • 2010年“What grammatical features are more marked in Hiberno-English? : A survey of speakers’ awareness and its primary details”, 『山形大学大学院社会文化システム研究科紀要』第7号, pp. 1-25

  • 2010年「言語意識の問題〜アイルランド英語の“Irishness”と“Bad Grammar”〜」『東京大学言語学論集』第30号, pp.215-231

  • 2010年 English in Ireland: Beyond Similarities, 溪水社

  • 2008年「アイルランド英語be after V-ingの表現効果―have完了との対立を中心に―」, 『東京大学言語学論集』第27号, pp.187-206

  • 2007年“Irishness” in Hiberno-English: Linguistic hybridism and ethnolinguistic identity”, Eric A. Anchimbe編 Linguistic Identity in Postcolonial Multilingual Spaces, Cambridge Scholars Publishing, Newcastle, pp.285-309

 

(5)所属学会:

  • 社会言語科学会

  • 日本英文学会

  • 日本言語学会

  • 日本英語学会

  • 日本ケルト学会

  • International Association of World Englishes, Linguistic Society of America

 

(6)最近獲得した科学研究費:

  • 2010〜2013年 科学研究費補助金 若手研究B 課題番号:22720148

「世界英語の一つとしてのアイルランド英語に関する動態的研究」

  • 2013〜2016年 科学研究費補助金 若手研究B 課題番号:25770141

「英語変種の連続性と多様性―アイルランド英語を中心に」